« 武器作るの好きかも? | トップページ | アニメ2008 春の改編 »

2008年3月17日 (月)

やっぱり上手く行かないweb翻訳

日本語から英語でweb翻訳してさらに
それが正しいか試しに英語から日本語にweb翻訳してみたが
(私は英語が解らないので)
なんか違う意味になってしまったりする。

特に否定の意味の文章だと(~じゃない。とか)
自分が思った事と逆の意味になってしまっている様な気がする。
あと「話言葉」だと上手く行かない。
(そもそも日本語が怪しいかも)

逆に片言の日本語みたいなのを翻訳してみると割りといいような気がする。
(文法が英語で日本語を書くと上手く行くのかな?気がするだけ?)

また、「訳せない単語」、「無理矢理訳したと単語」などもあるような気がする。
こうなるともうまるで意味が通じない。
いっそのこと簡単な単語の羅列の方が意味が通じるのかも知れない。

単語も日本語でも複数の意味があったり、
パソコンなどの用語は他からの持ってきたモノが多いので
本来の意味で訳すとおかしなモノになる。
「SDガ○ダム」のつもりでSDと使うと「SDメモリーカード」になったりする。
そもそも「メモリー」も直訳すると記憶だし。
多分、前後の文脈で単語の訳を判断するぐらいの性能がないとダメなのだろう。

さらに他のweb翻訳サイトで翻訳してみたらなんか別の訳仕方をされた。
比べてみると一長一短でどちらもやはりイマイチな翻訳しか出来なかった。

やっぱ、まだweb翻訳は上手く行かない

 

|

« 武器作るの好きかも? | トップページ | アニメ2008 春の改編 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 武器作るの好きかも? | トップページ | アニメ2008 春の改編 »