« HDDレコーダのチューナーが壊れました。 | トップページ | 復活のメインマシン »

2008年11月23日 (日)

ド○色画用紙版制作

色画用紙で作り直してみた。
Image081123_03

モノアイ稼動にしたけどイマイチデス。
どうも位置が奥に成りすぎた。
あと円柱そのものが小さいので動かしても良く見えない。
おまけに組む順番間違えて大変だった。

手首を最近のモノに変更。

最初に作った頃は「円は六角でもいい。もしくは8角」という考えで
作っていたので角が多い。
バーニアはだから六角でできている。
なので肩がカクカクしていたのを少し滑らかに直した。
バズーカも八角を十角に変更。
頭も少し面を増やした。

組み立てていて足首の前の部分が組み難かった。
テクスチャに書いていた取り付け位置が消えてしまった。
印刷もトラブルで上手く出力できなかったので
バズーカの横線はマジックで書き足した。

股間の作りを簡略化しようとも思ったけど
面倒くさくてやめた。
最近自分の作品はどうなってるのかと思って見てみた。
変形ものは特殊なので論外として

ジ○キャノンは簡略化
GWは簡略化後、補強タイプに変更
Vは簡略化、でも膝の作りが悪くて前のめりになってる。
キ○ベレイは簡略化、でも板に挿すタイプ。ギ○プランもこのタイプです。
ゲ○ググは非簡略化、どうもこの辺りが分かれ目みたい。

そもそもド○はゲ○ググを元に設計したので
ド○以降で改修以外のモノが簡略化したモノみたい。

おまけ

Image081123_01
ジェットスト・・・・一人足りない。

|

« HDDレコーダのチューナーが壊れました。 | トップページ | 復活のメインマシン »

工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HDDレコーダのチューナーが壊れました。 | トップページ | 復活のメインマシン »